必要な資格とはなにか

各地の設備が整った大きな病院が、近年では救急救命に力を入れるようになり、その需要は年々大きくなってきています。
救急救命に力を入れる病院は、ドクターヘリを有しているところも多く、要請があればドクターとナースを現場に派遣することが出来ます。
このドクターヘリに搭乗するナースはフライトナースと呼ばれています。
このフライトナースは看護師ですが、看護師の仕事をしながら緊急時にあわせて交代でフライトナースとしてドクターヘリに同乗します。
通常の勤務をしながらフライトナースとしての仕事もすることになりますので、看護師資格だけでなく、救命救急看護認定の資格が必要になりますので、そのための勉強をしなくてはいけません。
救命救急看護認定の資格があれば、フライトナースだけでなく、救命救急の現場で活躍することが出来ますし、信用と信頼も違ってきますので若く体力があるうちに、興味がある人は資格を取得しておくと良いでしょう。フライトナースになるための資格や詳細はこちらのサイト(http://xn--b9j1hlcxck7dvh9fu719byuvb.net/qualification/emergencycare)を参考にしてみて下さい。

またドクターヘリに乗ることで、航空医療に関する訓練も必要になります。
このため、女性だけでなく、男性看護師の活躍も期待出来る職種だともいえます。
ドクターヘリにはいろいろな医療機器に関する設備がありますので、それらの使い方を熟知していなくてはいけませんので、新しく覚えることが多いのではないかと思います。
そのため、少しでも若く体力のある時期にこのような資格や勉強をして、実務に生かせるように出来れば後々は自分のキャリアとしても役に立つことが出来ると思います。
今では医師会などのコミュニケーションによって、他府県の病院との連携もスムーズに出来るようになり、益々ドクターヘリの需要が増えてきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です